アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは?

火5000年以上も前に古代インドで生まれた伝統医学で、アーユルとは「生命」や「寿命」ヴェーダは「知識」や「科学」、すなわち「生命の知識」「生命学」「寿命科学」を意味しております。生命に関するあらゆる知識や叡智を体系化したもので、「与えられた寿命を心身ともに健康に、そして幸福になるため」の知恵の宝庫とも言えます。

アーユルヴェーダはインド大陸の伝統的医学であるユナニ医学、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつで、世界保健機構(WHO)によって公式に承認されております。

始まりから8つの専門分野に分けられています。内科、外科、小児科、精神科、強壮法科(老化現象を専門に扱う分野(アンチエイジング))などに分類された医学体系を持つのは、現代医学とアーユルヴェーダだけに見られる特徴です。現代もインドをはじめ世界中で広く普及されています。

水西洋医学が、病気の症状を取り除くことを目的としているの対し、アーユルヴェーダは病気になった原因を突き止め、根本から治す方法を教えてくれています。その方法は、なぜその人は病気になったのか。その人の体質(ドーシャ)を見極めてから原因を見つけていきます。人は皆、異なる体質を持ち、異なる生活習慣に生きている。ひとりとして、同じ治療方法は無いと言われています。
治療方法を決めて、アーユルヴェーダの医師、薬、看護人(親近者)、患者、4本柱で治療を行います。患者のやる気が必要であり、他力本願では治療にならないと言われています。病院での治療以外に、生活習慣、食事、睡眠を見直し、改善することにより、身体と心のバランスを整え、治癒力を取り戻し、根本から治すのです。そして、心身ともに健康を感じられるようにすることが本当の健康なのです。その治療方法のひとつにオイルトリートメント(油材療法)があります。アーユルヴェーダは病気の治療だけではなく、健康な人の健康を護ることを目的としています。

風したがって、体に不調が感じられるときはもちろんのこと、健康な状態の人にもオイルトリートメントを勧めています。定期的なオイルトリートメントでは、大量のオイルを皮膚から吸収させることで、血管の弾力性を高め、血管循環がよくなり全身に栄養が行き渡ります。そして、体内の組織の質が高まり、心身が強化されることによって、病気になりにくく、肌や体内の老化をも遅らせる効果が期待できます。そのため「予防医学」「若返りの知識」などと言われ、心と体の最高のデトックス方法として再注目されています。